警備員の道 > 警備業

警備業

 警備業は、法律上の定義により1~4号に分類される他、現在の警備業・警備会社は様々なサービスを提供しています。現在の警備業になるまでの主だった歴史と動向。安全衛生や各種統計などの業界情報です。


<警備の歴史・動向・サービス・各種情報>
警備内容の法律上の分類   警備業の法律上の定義により4区分に分類されています。
警備会社のサービス  警備員の警備サービス以外の、警備会社の扱う特殊な商品や、メリット割引のある保険商品等・サービスの紹介です。
警備業界の動向  最新の警備業の動向を収集する必要性や、収集する方法です。
これまでの警備業界の動向(歴史)  警備業の歴史や、警備に影響を与えた事件・事故。 警備業界の過去の変化の抜粋です。
 歴代の叙勲受章者は、「警備業関係者における叙勲受章者」へ
雑踏警備の歴史  雑踏警備に関する歴史です。雑踏警備の資格制度発足と配置基準に至るまでの、雑踏警備の主な事故等です。
東京オリンピック警備業の動き  2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは民間の警備員14,000人となる警備体制となる予定。東京オリンピック向けた警備に関する各種動きです。
機械警備業務の動向  機械警備業務の状況と事業規模等の推移に関する統計データです。
現金輸送警備の現状  現金輸送警備業務の成り立ちや、現在の現金輸送の現状です。
 主な事件や事件の発生状況は、「現金輸送車 襲撃・強盗事件」へ
BCP(事業継続計画)とは  大きな事件・事故。災害に備えた警備会社としての事業継続に関することです。
警備業の安全衛生と労働災害   警備先に派遣されることで勤務を行う警備員は、勤務場所に付随する設備など警備先(依頼者)に属するため、警備会社(事業主)の管理が及びにくく、その安全衛生対策は業務の構造上難しい課題です。
警備業の安全衛生と労働災害  警備先に派遣されることで勤務を行う警備員は、勤務場所に付随する設備など警備先(依頼者)に属するため、警備会社(事業主)の管理が及びにくく、その安全衛生対策は業務の構造上難しい課題です。
 警備会社に潜む安全衛生の実態と問題点は「警備会社の安全衛生の実態と問題」へ
 安全衛生の関する警備業の問題点や、護身用具と安全衛生のかかわりです。
 利用できる助成金等は「健康診断 助成金」へ
 労災事故事例は「警備員の死亡労災事故(重大事故)事例」へ
 業務別の労働災害件数は「警備業の業務別労働災害概要」へ
警備員の公共事業労務費調査  交通誘導警備の待遇悪化の原因の一つと言われる、労務費調査に対する対策と、これまでの警備会社との因縁です。
 過去5年間の労務単価は、「交通誘導員 公共工事設計労務単価一覧表」へ
交通誘導警備員の警備料金の算定方法  公共工事等に従事する交通誘導警備員に社会保険等の法定福利等の間接人件費や一般管理費等を加え時の適正な警備料金の算定方法に関する資料についてです。
 「設計労務単価を基にした警備料金の算定式の例」へ
 「交通誘導警備員の給与を基にした警備料金の算定式の例」へ
平成29年建設業の社会保険未加入問題  平成29年に向け国土交通省による社会保険加入徹底のためのの取り組みにより、交通誘導警備員の社会保険の加入が進む流れとなっています。
施設警備員の建築保全業務労務単価  国土交通省が公表する建築保全業務労務単価による警備員A(施設警備業務1級検定資格者)、警備員B(施設警備業務2級資格者、警備員C(検定無資格者)の金額の推移です。
資質向上の教育  資質の向上に関する問題点と改善にむけた教育方法など独自の考えを記載しています。
 自己啓発に役立つ制度は「教育訓練給付金制度」へ
全国犯罪件数統計  警備業と密接に関わりある日本全国の犯罪件数統計による認知件数と検挙件数。検挙率に関する過去20年間の推移についてです。
   

警備内容の法律上の分類 へ

ページトップに戻る