警備員の道警備業警備員の公共事業労務費調査 > 交通誘導員 公共工事設計労務単価一覧表

交通誘導員 公共工事設計労務単価一覧表

 交通誘導員の労務単価は、国土交通省より公共工事設計労務単価として交通誘導員A(検定資格者)・交通誘導員B(無資格者)に分けられ毎年公表されています。

 交通誘導員の設計労務単価は、平成19年度分より交通誘導警備業務検定資格の有無によりAとBに分けられました。
 平成28年より土木工事積算基準において「交通誘導警備員」が間接工事費から直接工事費に変更されました。変更に伴い算定において間接工事費(共通仮設費、現場管理費)に経費が反映されることで従来の積算方法と比較して積算費用が約10%上昇しました。
 平成29年3月の改定では、人手不足による賃金上昇を踏まえ全国全職種単純平均で対前年度比3.4%(交通誘導警備員3.6~3.7%)引き上げられました。
 交通誘導警備員の単価については、警備会社に必要な諸経費(法定福利費の事業主負担額、警備員の法定教育を含む研修訓練等に要する費用など、及び一般管理費等の諸経費など。)は含まれていない。 
設計労務単価平成29年から平成24年

設計労務単価平成24年から平成20年
 交通誘導員A・・・
 交通誘導警備業務1級検定資格者 又は、交通誘導警備業務2級検定資格者
 交通誘導員B・・・
 交通誘導員Aに該当する資格を有しない者

交通誘導警備員の警備料金の算定方法  へ

ページトップに戻る